3大ED治療薬レビトラのジェネリックとは

不安を持っている男

レビトラは世界的に有名なED治療薬で、世界中の人が利用しています。
日本では2004年から製造・販売がスタートし、水に溶けやすい成分であるバルデナフィルは体内への吸収速度が非常に速く、15分で効き目を発揮することが可能です。
レビトラの名前はフランス語とラテン語を組み合わせていて「男性の生命」という意味があります。
レビトラにはいくつかジェネリック医薬品があり、レビトラよりも安い費用で購入することができるの人気です。

例えばバリフは勃起不全の治療薬で、レビトラのジェネリック医薬品にあたります。
レビトラの2割ぐらいの価格で購入することができ、とても経済的です。
勃起不全の治療薬において使い勝手が良く、即効性もあるので人気があります。
個人差はありますが早い人では15分で効果が実感することができ、遅くても1時間で効果が現れるでしょう。
性行為を行う1時間前に服用するのが良く、数時間持続するので少し早めに服用しても大丈夫です。

軽い食事や飲酒などではその効果に影響がないと言われていてED治療薬が初心者の人によく処方されています。
バリフは血流を促進させる作用があり、心臓や血管などに負担をかけないよう気をつける必要があるでしょう。
性的興奮が起きた時に効果が現れるので生活に支障が出ることはなく、飲んだからといって性的な刺激がなければ勃起することはありません。

バリフの使用方法として1回10mg、性行為1時間前に服用しましょう。
体質などの関係で人によっては効果が現れない人もいますが、1回20mg増やすことが可能です。
服用すると24時間以上空ける必要があり、薬の効果を実感するため空腹時に服用することをおすすめします。
いくつか副作用があるので使用上の注意を良く読んでから服用しましょう。
医師に相談するのに抵抗があるなら、インターネットを利用して薬剤サイトから購入することができ、プライベート梱包サービスを利用することができます。

バリフやビリトラは口コミ評価も上々

レビトラのジェネリック医薬品にはバリフなどがあります。
有効成分はバルデナフィルなので効果や副作用、服用方法などはレビトラと同様です。
ED治療薬の中でもレビトラは即効性があり食事の影響を受けにくいという特徴があります。
服用前にエネルギー量が700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事であれば摂取できます。
バリフなどジェネリック医薬品も服用前に軽い食事を摂ることができるので人気です。
ジェネリック医薬品は主にインドの製薬会社が製造しており、安い費用で購入できます。

インドでは製法特許のみが認められており、成分特許は認められていません。
そのため製法を変更すれば同じ有効成分を含むジェネリック医薬品を自由に製造できます。
インド製ジェネリック医薬品はインド政府の承認を受けて製造されたものなので、安全性も優れています。
安い費用で購入でき、安全性も優れていることから日本でも人気があります。
ただし現在インドではバルデナフィルを含むジェネリック医薬品の製造が行われていません。

レビトラはドイツの製薬会社によって開発されました。
ドイツの製薬会社がバルデナフィルを含む製品の製造・販売中止を求めてインドで訴訟を起こしたところ、2017年1月に製造中止が決定されています。
販売中止は認められなかったため、現在も在庫品の輸出が続いており個人輸入することができます。
将来的に在庫品がなくなれば販売が中止される見込みです。

バリフなどレビトラのインド製ジェネリック医薬品は、少ない費用で購入でき安全性も優れているため日本でも人気があります。
有効成分はレビトラと同じバルデナフィルなので、効果などは同様です。
インドではバルデナフィルを含む製品の製造中止が決定されましたが、在庫品の輸出は続いており現在でもバリフなどを個人輸入して安い費用でED治療を行なうことができます。

世の中にはいろんな薬がありますが、薬局で薬を見ているとジェネリックという文字を目にしませんか?ジェネリック薬品などと呼ばれていて、同じ効果の薬より安く購入することができます。安いのは嬉しいことですが、その分効果が薄いのではないかと疑ってしまいますよね。そんなジェネリックやED治療薬について解説するので確認してみましょう。